photo

当学会の目的

世界から見た日本と国内の両視点をふまえ、独自の伝統を守りつつ発展に寄与する。
真の日本料理とは何か、各地域の郷土料理とは何かを
歴史からも分析し正しく追求し世界に正確に発信していく。

サステイナブルガストロノミー(持続可能な食)の推奨に重点を置いて活動。

日本の食文化、食材、技術を基礎から伝え、食による国際交流を深める。
全国の飲食店を日本人の視点から発信する。
また国内では1都1道2府43県の地域の食文化、食材、伝統等を継承し発展させる。
  • ガストロノミーの概念を伝える
  • 日本食を総合芸術(おもてなし、プレゼンテーションも含め)として捉え、
    調味(うま味等)、栄養面、健康面も科学的に分析
  • 表彰事業 - 食産業の発展を目指す
  • 和食支援制度制定
  • 日本食の品質、安全性の維持