photo

事業方針

日本ガストロノミー学会は、国際ガストロノミー学会の指針に従い、
以下の4事業を柱として活動する。

1. 表彰・協賛イベントコミュニケーション活動を通じて外食産業を支援
  • 国際ガストロノミー学会によるグランプリ、ナショナルアワードの表彰事業(毎年)
  • ガストロノミーに関する出版とPR活動
  • 各国の大使館等、公的な機関、プライベート機関と連携でガストロノミー主催のイベントを共催
  • 社会的に話題性のあるレシピや調理法の記録と、具体的な体験会の実施
  • マスメディアと連携した番組放映、新聞雑誌等の特集の掲載
  • インターネットを活用した食コミュニケーションの推進とアーカイブ化の推奨
2. 和食支援制度
  • 日本食を海外に正しく発信
  • 日本のみならず世界中の日本食シェフを対象に正しい日本食を伝える日本食支援制度の導入
  • シェフの文化的地位向上をはかる
3. 会員によるアカデミー公式ガイドブックの出版
  • IAG参加各国で行われているように、AGJ自国メンバーによるアカデミー公式ガイドブックの出版
4. 食文化・美食法に関連する研究・教育
  • 教育機関と連携した食育の推進活動
  • 食材・調味料に関する品質管理・評価
  • 国や地域レベルでの高度な調理技法や、調理方法を継続的に保存発展する活動
  • 品質向上への研究奨励活動